トラベル

【ケニア旅行記再び】ナイバシャ湖でボートサファリ、クレッセント島で歩いてサファリ

 
長らくお待たせ致しました!!

しばらく中断していたケニア旅行記、再度始めたいと思います。一気に続けて書き上げます!

 

8月23日、ケニア初日の夜。

娘がシャワー中に、だんだんお湯の温度が下がってきて、最後は水しか出なくなりました。このロッジはお湯が出る時間が限られていますが、まだまだお湯が出る時間帯だったにも関わらず…。
 

 
 
娘はギリギリ無事、洗うことができましたが、次にシャワーを浴びようと思っていた私は困ってしまい…

洗面台の蛇口は何とかお湯が出ていたので、ペットボトルに入れて、ちょっとずつかけながら洗いました😅

しかし洗面台のほうも次第に温度がぬるくなってきて、最後は根性で水で洗いましたが…

一年で一番寒い時期のケニアで、初日から風邪でも引かないかと心配でした。

私は洗髪までできなかったので、翌朝洗うことにし、仕方なく寝ました。

 

8月24日。

朝、シャワーからお湯が出ました!ラッキーと思い髪を洗っていたら…まただんだん水になってきた!

大急ぎで洗いました。

何で私が使い始めると水になる❗️コントじゃないんだから‼️

あとでガイドさんに話したら、そういう時はすぐロッジのスタッフに言ってください、直してくれるから、とのこと。

なんだ、水で洗うこともなかったんだ。早く言えばよかったな。

アフリカって、そういうワイルドなことが日常茶飯事に起きると勝手にイメージしていたから、少々のトラブルは我慢しなきゃいけないのかと思っていました…

 

庭の木の周辺に、数頭のウォーターバックが


 

朝、部屋の窓から外を見てみると、ウォーターバックという、鹿くらいの大きさの動物が。

ロッジの周辺には野生動物がたくさん生息していて、庭にもよく出てきます。こんなに人間の近くに現れるなんて、動物たちも警戒していないのかもしれません。

 

宿泊したロッジ

ダイニングへ向かう途中の小道から見たロッジ

 

朝食を食べにダイニングへ行くと、私のことを中国人だと思ったのか、ロッジのスタッフが「シェイシェイ(謝謝)」と話しかけてきました。

私、日本人だよ、日本語の朝の挨拶は「おはよう」と言うんだよ、などと教えてあげたらマネしていましたが、うまく発音できないようでした。
 

 
 
でも確かにケニアでは最近、日本人観光客は以前より少なく、中国人観光客のほうが多くなってきているそうです。実際、私たちが滞在中に見かけたのも、中国人のほうが圧倒的に多かったです。

 

朝食のあと、ガイドさん、ドライバーさんと合流。今日はまた別のロッジで宿泊のため、スーツケースにまとめた荷物を一式、車に積み込みました。

とても素敵なロッジだったから、名残惜しいけど…今日宿泊するロッジもどういう感じなのか、楽しみです。

帰り際、ロッジのロビーにて


 

ロッジ入り口の横の庭に、猿たちが。木の上にもたくさんいます。


 

出発前に記念撮影

 

今日はまず、ロッジから車で数十分のナイバシャ湖へ移動。

ナイバシャ湖に到着後、救命胴衣を着用し、ボートサファリをしました。朝のまだひんやりした空気の中、ボートにゆったり乗りながらとても気持ちが良かったです。

 

ボートからは様々な動物を観察できました。

まずは、ペリカンたちがお出迎え


 

カバたちが水面から顔を出しています


 

のんびり泳いでいて気持ち良さそう♪


 

 
 

 

木の上にたくさんの鳥が


 

ディクディク。体長50㎝で、小さくてかわいい。ヤブの中に生息しているレアものです。今回、見たかったので会えて嬉しい!

 

ナイバシャ湖にはクレッセント島という三日月形の島があります。

しばらくボートサファリを楽しんだあと、この島に上陸し、ウォーキングサファリもしました。

クレッセント島へようこそ、の看板

 

肉食獣のいないこの島では、キリンなどの大型の野生動物を、歩きながらすぐ間近で見ることができるのです。

クレッセント島にはもともと動物は生息していませんでしたが…

1985年の映画、メリル・ストリープ主演『愛と哀しみの果て(Out  of  Africa)』のロケがこの島で行われた際、撮影のために草食動物が連れて来られ、撮影後その動物たちはそのままこの島に残り、繁殖して現在に至るそうです。

 

キリン発見!


 

そっと近づいてみます


 

こんなに近づいても逃げません。人間に慣れています!

 

ガイドさんいわく、ここには肉食獣がいないため、草食動物たちにとっては、天国みたいな場所だとのこと。

本当に、クレッセント島の動物たちは、のんびりしていてとても幸せそう♪

私が草食動物だったら、ここに住みたい!

 


 

ヌーの群れ


 

ヌーたちの前でジャーンプ!!

 

クレッセント島でのウォーキングサファリのあと、再びボートに乗り、一気にもとの船着場へ戻りました。

そして、昼食をとるため、車でナイロビへ向かいました。

 

昼食をとるレストランの入っているビルの入り口では、以前このビルの中の銀行に強盗が入ったことがあるとのことで、空港と同じようなセキュリティチェックを受けました。

ナイロビの治安はやや危険なため、このビルでもそんなことが起こったのかと思うと、緊張しますが…

街の中もそんなにピリピリ感が漂っているわけではないので、しばらくすると忘れてしまいそうになります。

ただ、危険なことが起こる可能性もあり得ると考えて、常に緊張感は持っていなければいけません。

チキンが柔らかかった!ガイドさんの言う通り、ジャガイモもおいしかったです♪

 
昼食後、私たち一行は今日の宿泊地、アンボセリへ移動。

ナイロビから車で約5時間の長い道のりです。
 
 



ヌーの川渡りを見てみたい

旅行準備編その2【ケニアのサファリツアー!日本語ガイド&終日サファリで】

旅行準備編その3【ケニア旅行、イエローカードは必要?】

大自然のドラマに出会いに、いざケニアへ! でもまたトラブル!?娘の入国ビザが…


-トラベル

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5