トラベル

ゾウの楽園アンボセリで、湿原へ向かう大群が行進!

 

8月25日。

今朝は朝食前に、ラウンジでコーヒーを1杯飲んでから、ゲームサファリへ。

昇る朝日とシマウマの群れ

 

私たちの宿泊したオル ツカイ ロッジは、キリマンジャロ山を一望でき、目の前をさえぎるものは何もない絶好のロケーションにあります。そのため、日の出の時刻には山がオレンジ色に染まる素晴らしい絶景を眺めることができるそうです。

せっかくオル ツカイ ロッジに宿泊するなら、朝日が昇る光景を見れたら見たいな、とは思っていましたが…

そのくらいの軽い気持ちでいて、この私が当然、その時間に間に合うようにバッチリ起きて朝日を見られるわけがなく…

もう昇ってしまってからサファリカーから見ることになりましたが、それでもオレンジ色の朝日に染まるサバンナの景色は素敵でした。

 

旦那はロッジからギリギリ、朝日が昇るところを見ることができたそうで、素晴らしい光景だった、と言っていました。

オル ツカイ ロッジに宿泊し、早起きに自信のある方は、ぜひご覧になることをおススメします!

 

サファリカーはこんな感じで天井が開きます。朝のサファリはとても肌寒い!

 

今朝のゲームサファリのお目当ては、湿原に向かうゾウの大群。

 

アンボセリはアフリカゾウの楽園です。

ゾウは夜の間は森の中で過ごし、昼は湿原などで草や水を補給します。そのため朝、森から出てきて湿原に向かいます。

1つの群れが30頭を超えることもあるという、アンボセリのゾウ。

そのゾウの群れが次々現れるポイントでは、大軍団の行進を見ることができるのです。

ゾウの大行進はぜひ見たいと思っていたので、昨夜のうちにあらかじめガイドさんにお願いしておきました。

 

ゾウのポイントに行く途中、たくさんの動物を見ることができました。

シマウマの群れ

 

ヌーたち

ケニアやタンザニアなどの東部アフリカのヌーはシロヒゲオグロヌー、南部アフリカのはクロヒゲオグロヌーと言い、同じヌーでも東部と南部ではヒゲの色が違います。

ケニアのヌーは、朝日で白ヒゲがキラキラして見えるそうなのですが、確かに、一番右のヌーのヒゲは朝日で白く透けて見えます。

もっと早朝だと、白ヒゲがさらに美しく見えるみたいです。

 

ゾウも一頭見つけました。のっしのっしと一直線に私たちのサファリカーに向かってやってきます。

中には興奮すると車を倒してしまうゾウもいるというから、ちょっと怖かった!

 

でも大丈夫、行ってしまいました。

 

バッファロー

 

ダチョウのメス

 

ダチョウのオス。首の曲がり方、すごい!

 

ハイエナもいました

 

そして、いよいよゾウの大群の現れるポイントに到着。

いたいた、いました!早速、ゾウの群れ発見!

おとなも子どものゾウも、ずんずんと行進しています。

そこかしこにゾウの群れ!

 

こっちのゾウたちは、私たちのサファリカーのほうに近づいてきて…

車の前を横切って通って行きました。

 

あっちにもこっちにも、ゾウの大群!!

 

また別の群れも、車の前を横切って行きました。

 

無事、湿原にたどり着いたゾウたち。

 

ゾウたちの一日が始まります。

 

お母さんに甘えてすり寄っている赤ちゃんゾウもいたりして…

ゾウさんファミリーの仕草が本当にかわいかった♡

見たかったゾウの大行進、見ることができて良かったです!!

 

充分堪能したところで、そろそろロッジへ。

帰りもゲームサファリをしながら戻ります。

おびただしい数のフラミンゴたち。向こう側のピンク色も全部、フラミンゴです!これが左右に何倍にも広がっています。

 

ホロホロ鳥もいました

 

食べたことあるけど…こんなにきれいな模様と色だったんだ…ゴメンナサイ

 

ゾウの他にもたくさんの動物を見ることができて、大満足でした!

 

ロッジへ到着。

 

ロッジに戻って来た頃には、もうお腹はペコペコ。

ロッジのダイニング

 

朝食のビュッフェをいつも以上にたくさんとってしまいました。

 

ハラペーニョを入れて焼いてもらったオムレツが、最高においしく感じます。

結構ピリ辛だったけど、なかなかgood

 

ダイニングを出たところにあるウッドデッキ

 

さて、今日はこれから行こうと思っている場所が。ちょっとドキドキです。

-トラベル

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5