グルメ ショッピング 日々のこと

海外からも注文が殺到、禰豆子の竹ちくわ【本気でオススメしたい!本当においしい練り物製品】

 

コロナ禍で、なかなかいつも通りに出掛けることもままならない日々ですが、唯一の楽しみが、食べることだと言っている人は多いようです。

しかも今は会食などができないため、家で少しいいものをお取り寄せして楽しむ、というスタイルになっています。

そういう私もそのうちの1人で、この1年あまりの間、いろいろなものを取り寄せてみましたが、その中でもこれは!と感動した商品があったので、ぜひご紹介させてください。

購入のきっかけは、あるネットのニュースでした。
 

 
 
高知県にある蒲鉾(かまぼこ)店が、アニメ『鬼滅の刃』の禰豆子がくわえている竹筒を再現した、ちくわを販売しているとのこと。

鬼滅が大好きな娘のために、ぜひ手に入れたい!と思いました。

そのちくわ、なんと国内のみならず、海外からも注文が殺到しているということで、発売直後は人気のため品薄状態でしたが、その後、何とか購入。

早速、娘に見せたところ、案の定、大喜びでした!!

購入した甲斐がありました☺️

 

購入したのは、高知県の老舗かまぼこ店『土佐蒲鉾』の「竹ちくわ」。

「竹ちくわ」は、禰豆子の竹筒を再現するために、通常のちくわより太めに作られています。

緑色の色素は、ほうれん草を使用しているそう。

特定原材料、保存料は不使用とのことで素材も安心です。

 

 

このちくわを買ったからには、早速、浴衣を出してきて、コスプレです。

禰豆子になりきり!の娘

 

 

 

ちくわをくわえて、コスプレ大撮影会となってしまいました。

 

1袋3本入りの竹ちくわを、5袋も購入してしまいましたが、冷凍保存ができるそうなので大丈夫!

娘の学校のお弁当にも、何度か入れてあげました。

禰豆子の竹ちくわ、クラスメイトの前でくわえてみると、人気者になれるかもしれません!

高校生の娘は、さすがにしなかったようですがw

 

ちなみに「竹ちくわ」は、緑色の他にも、禰豆子のイメージカラーのピンク色もあるそうです。

『土佐蒲鉾』HPより

 

「竹ちくわ」は、店頭では高知県内の土佐蒲鉾の店舗や、地元のスーパー『ナンコクスーパー』で購入することができますが、遠方の場合は、土佐蒲鉾オンラインショップが便利です。

オンラインショップには他にも、地元ならではの珍しい練り物製品がたくさんあり、興味を引かれます。

東京都へのクール便の送料は1,100円で、そう頻繁にお取り寄せできないかもしれないので、この際だから、気になる商品は全部一緒に注文してみました。

 

禰豆子の「竹ちくわ」の他に購入したものはこちらです。

 

【とことん鱧入り角天】

鱧入りの魚肉と天日塩を使用。

添加物や遺伝子組み換えのない、厳選された原材料で作られています。

 

【オランダ天】

ゆで卵、グリーンピース、きくらげ、ゴボウ、玉ねぎをすり身と混ぜて作られた、高知県にしかない揚げ天ぷら「オランダ天」。

 

いろいろな具材がカラフル!

そのままでも、また、うどん・ラーメンのトッピングや、お好み焼き・焼きそばの具材などにも。

その他にも、少し焼いて柚子・しょう油などをつけたり、マヨネーズをかけたりと、いろいろな食べ方を楽しめます。

 

【とことん鱧入り竹輪】

鱧入りの魚肉と天日塩を使用。

シンプルなちくわが、こんなにおいしいものだとは!

 

【とことん鱧入り蒲鉾】

鱧入りの魚肉と天日塩を使用。

なんと、天皇皇后両陛下ご来高の際の、お弁当に使用されたそうです!有り難くいただきました。

 

【大丸(赤)】

カラフルなすり身の中に、ゆで卵が3個入っています。

中の黄身と外側のピンク色がきれいな、映える一品です。

 

カット面もかわいい「大丸」

この練り物、土佐の「皿鉢(さわち)料理」には欠かせないものなのだとか。

 

さわちとは?初めて聞いたので、ちょっと調べてみました。

「皿鉢料理」は、土佐の豪快な郷土料理

大皿にカツオのたたきやお寿司などの、様々な料理をてんこ盛りにした「皿鉢(さわち)料理」は、宴会や法事など大人数が集う場では、必ずと言っていいほど振る舞われる、高知県の郷土料理だそうです。

 

【味付高野(紅白)】

紅白のすり身を、だしの染み込んだ高野豆腐でサンドしてあります。

味付けされているので、そのままいただけます。

 

カットした断面がきれいなこちらの一品も、皿鉢(さわち)料理の定番だそうです。

 

【味付麩巻】

大きな車麩の中に、すり身と卵を丸ごと1個入れて蒸し、味付けしてあります。

 

車麩にも、すり身のだしが染み込んでいます。

 

【味付椎茸】

すり身に、国産干し椎茸をのせ、蒸して味付けしてあります。

香りのよい椎茸とのハーモニーが最高です。

 

もったいなくて、毎日少しずついただきましたが、どれも家族に大好評でした!

料理のメインに十分なりうる、主役級の味です。

実は今まで、練り物って色的にも地味なものだと思っていたし、脇役のようなイメージでいたので、正直、それほど興味はありませんでした。

それでも料理の一品にはなるし、便利なので、時々はスーパーで購入していましたが、今回『土佐蒲鉾』の商品を購入してみて、目から鱗が落ちました。
 

 
 
今まで食べていたものは一体何だったのだろう、というほどの違いに驚くとともに、いい素材を使用した本物の練り物製品は、こんなにおいしいものなんだ、とイメージが一新しました。

このうちの数種類を、母にもお裾分けしたところ、大変気に入ったようで、これからお中元とお歳暮には毎回これを贈って欲しい!と言っていたほどです。

 

お世話になった方々に、今年のお中元はこれで決まりです。

どなたに贈っても喜ばれること間違いなし!の『土佐蒲鉾』の練り物、皆様もぜひ一度、いかがですか。

 

一夜漬けで鬼滅アニメをざっくり見て、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』を鑑賞してきた

いざ出陣!戦国武将がテーマの居酒屋「戦国武勇伝」へ

【不思議の国のアリスのテーマレストラン】池袋『古城の国のアリス』へ行ってきました

#Stay Home ③お家で映画鑑賞「翔んで埼玉」

ハロウィンは、病み系コスプレで学校へ

-グルメ, ショッピング, 日々のこと

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5