トラベル

アンボセリでレアな動物に遭遇!

 
アンボセリへ向かう道のり。

途中、旦那があることに気付きました。「…ケニアって道路に信号がない?」

…え?! …そういえば確かにない…

ガイドさんにたずねると…なんとナイロビ以外は信号がないんだそう!!
 

 
 
道路一つとっても、日本とは全然違って驚きです。

 

しかし車のスピードは相変わらず速いし、ヒヤヒヤ。おまけに悪路も続きます。

私は車に酔いやすいわけではないけれど、それほど強いわけでもありません。

旅行前に…サファリってずっと車に乗っているんだよね、酔わないかな、と人に話したら「それ言ったらサファリに行けないでしょ!」と突っ込まれましたが…

車酔いは、来る前から心配していたことのひとつでした。

でもケニアに来たら、車酔いするかもしれないって考えないでおこう、大丈夫って自分に暗示をかけようと思っていたので、そうしていたら本当に大丈夫な気がしてきました。

それに人って慣れるものですね。あんなに心配していたのに、ガタガタ道でも何ともなくなってきました。

 

予定では、まず今夜宿泊するアンボセリのロッジに直接向かい、チェックインをし荷物を置いたあと、夕方からゲームサファリをすることになっていましたが…

ナイバシャ湖とクレッセント島で、通常よりゆっくりサファリをして時間が押してしまったため、予定を変更し、アンボセリに入ったら、そのままゲームサファリをしてからロッジに向かうことになりました。

 

こういうアレンジが効くのも、プライベートツアーの良さですね。

時間にアバウトな私は、決められた時間通り行動することが苦手で…

時々、旅行で他の人と同乗するオプショナルツアーなどに参加することがありますが、超気合いが必要で、ついていくのに必死です。これでも昔よりは素早く行動できるようになりましたが…

予定通りに行かなくてガイドさんには申し訳ないけど、こういう融通の利くツアーはとてもありがたいです。

それに、他の客との相乗りだとなかなかそうもいかないけれど、貸切だから、あれが見たい、とリクエストもできるし、今回、家族だけのプライベートツアーにして良かった!とつくづく思いました。

 

アンボセリでのゲームサファリ。キリンがいました。

ダチョウも!

 

このあたりだとなかなか遭遇できない、ゲレヌクに会うことができました。

長い首を持っていて、別名を「キリンカモシカ」といい、高い枝の葉を食べるときは、立ち上がって、キリンの次に高い位置の葉を食べることができるそう。

ガイドさんが一番最近に見たのは去年だったとのことです。

ゲレヌク。確かに首、長い!

 

ふたごの子供を連れたゾウの群れも見ることができました。ふたごというのは、とても珍しいそうです。

レアなものをいろいろ見ることができ、ラッキーでした。

 

ゲームサファリをしながらロッジへ向かい、いよいよ今夜宿泊する、オル ツカイ ロッジ アンボセリ(Ol Tukai Lodge Amboseli)に到着!!

私たちは車に乗っているだけだったからいいけど、ドライバーさん、疲れただろうな…仕事とはいえ、本当に大変な職業です。

ロビーの入り口

ロッジのロビー

 

チェックイン手続きを済ませ、コテージへ。

小道を歩いて、コテージに向かいます

コテージの軒先

ナイバシャ湖のコテージよりは、こじんまりしていて狭いけど、ケニア感満載です。

 

荷物を置いてから、ダイニングに夕食を食べに行きました。

ビュッフェ台は外にありました

お決まりのタスカーをまたオーダー

ロッジのバー。ここは通っただけ。

 

食事のあと部屋に戻り、今日は疲れたので早々に就寝することに。長い一日でした。

-トラベル

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5