ビューティー

【髪をボリュームアップさせたい方必見】シールエクステで簡単にチェンジ!徹底レポート

 

少し前に、美容院で初めて、シールエクステをつけてみました。

私はもともと髪の量はしっかりあって、髪質も割と扱いやすいほうだったのですが、韓流への憧れで、ブリーチを繰り返していろいろなカラーを入れているうちに、かなり痛んできてしまっていました。

最近はダメージがさらに進行してスカスカになってしまい気になっていたので、ボリュームを出すシャンプー、ヘアエッセンス…といろいろ試しましたが、どれも効果がイマイチ。

いろいろ調べているときに、シールエクステというものがあることを知りました。
 

 
 
そもそもエクステというのは、髪を長くするためにつけるものだと思っていたのですが、ボリュームを出す用途でもつけることができるとのこと。

エクステでは根本的な解決にはならないかもしれませんが、当分ブリーチはやめようと思っているので、健康な髪が生えそろうまでは、これはいい方法かも。

まずものは試し、これはやってみるしかない!ということで…

人生初のシールエクステ、装着&完成までの過程をレポートしたいと思います。

 

ネットで調べてみると、シールエクステのできる美容院はたくさんあり、とても迷いましたが、初めてのシールエクステ、少々お値段は張っても失敗のない美容院でやりたい、と厳選したお店は、『ANKH CROSS(アンク・クロス)渋谷店』。

こちらのシールエクステは「ロアエクステ」というオリジナル製品で、説明文によると…

 

7年間の開発と研究の上、完成させた「ロアエクステ」は最高ランクと言われるバージンヘアの毛質を超えた品質の、非常に流通量の少ない希少なもので、25歳未満のキューティクルが完全に存在するダメージのない人毛を使用。厳選されたバージンヘアからのみ作られ、コストダウンの原毛のMIXをせず、1つのエクステに1人の原毛のみを使い加工されている。

とても希少価値が高い為、ここまでの原毛選定をするエクステンション商品は「ロアエクステ」以外は存在しない。 キューティクルの向きは髪が生えてきた状態と同じ向きのまま加工する為、地毛と全く同じ状態であり、指通りが非常に良い。

 

…とのこと。なるほど。これを読むとエクステの質は問題なさそう。

でもシールなんて髪に貼っても目立たないの?シールって取れちゃわないの?という疑問も。

初めてだからいろいろ心配です。これに関しては

 

これまでのエクステは、かきあげ部分のシールが気になるところでしたが、ロアエクステなら気になりません。根本をかき上げるようなヘアスタイルでもシールが目立たないので、アップスタイルも思いのまま。シール部分も取れづらく、外すときは取れやすいように工夫されています。

 

…ということです。大体の疑問は解消しましたが、とにかく一度やってみないことには分からないので、早速予約!

ANKH CROSS 渋谷店


 
ブリーチするといろいろな髪の色が楽しめるという一方、すぐに退色してしまうという悩みもあります。

次に美容院に行くまでの間、色が抜けてくるたびに自分でカラーリングをしているのですが、一番最近ではブルーに染めていて、退色してグリーンっぽくなってきてしまっていました。

 

今回はパープル系に染めたいと思っているので、担当の美容師さんに相談してみると、グリーンが残っているとうまく色が入らないため、まずは軽くブリーチをしてグリーンの色味を抜きましょうとのこと。

髪の痛みを最小限に抑えるため、ソフトなブリーチをかけて、グリーンの色味が抜けました!

 

 

その後、パープルでカラーリング。

地髪をカラーリングしている間に、同じ色のパープルでシールエクステを染めておくのだそうです。

なるほど!そうするとあとでエクステを髪に装着したときに、同じ色だから馴染むわけですね。

初めてだから知らないことばかりです。

 

染めている間に、シールエクステのお手入れ方法を一読。

注意事項として、装着後48時間はシャンプーしないほうがいいことや、洗い流さないトリートメントなどはシール部分につくと取れやすくなってしまうので、頭頂部は避けて下のほうにつけることなど、教えていただきました。

 

カラー剤を洗い流すと…

パープル感、ちょっと分かりづらいですが…

落ち着いたいい色になりました!

 

さて、いよいよシールエクステを装着!

私の髪の毛と同じ色に染めあがったシールエクステ

編み込みエクステの存在は以前から知っていましたが、シールエクステも10年くらい前からあるのだそうです。知らなかった!

 

 

エクステの先についているシールを剥がすと

 

このようになります。

このシールの間に、薄くとった地毛をはさみます。

 

アシスタントさんも加わって、一枚一枚つけていきます。

余談ですが、こちらの美容室の女性スタッフさんは全員、この『ロアエクステ』をつけているそう。

言われないと全然分からない!本当に自然で地毛のようです。

 

地毛を挟んで貼ったあと、シールを指の間でぎゅっと押さえつけてから

シール部分をヘアアイロンで挟んで熱を加えると、しっかりついて取れづらくなるのだそうです。

今回つけたシールエクステは、ボリュームを出したいだけなので40枚。

長さを出す場合は、人によりますが、100枚以上つけたりすることもあるようです。

 

40枚全部つけ終わりました!

 

こんなに長いのって人生初めて。

長さは、このあとカットします。

 

今回はボリュームを出すだけの目的なので、地毛と同じ長さにカットして…

完成!!

こんなに簡単に髪の量を増やすことができるなんて、とっても便利。私はボリュームを出すためにつけましたが、エクステは長さも自由自在です。

私たちが若い頃なんて、ロングヘアにするためには、何年もかけて根気よくのばすしかありませんでした。(しかもその途中で飽きて切ってしまったりする、なんてこともよくありました。)
 

 
 
それが今は数時間でショートヘアもロングに変身できてしまうなんて、最近は技術も進んで何でもできるから本当に驚きです。

 

地毛と馴染んでいて見分けがつきません

 

初めてのシールエクステ、どうなるかドキドキでしたが、いい感じにボリュームも出て、ものすごく自然に馴染んでいます!

つけてからしばらくたった今でも、周りの人は誰も、私がエクステをつけているとは気づいていません。

少々お値段は張りましたが、質のいいエクステにして良かった。

安いものだとあっという間にからまって、バサバサになったり、シール部分がベタベタになるものもあるそうなので、注意が必要です。

オシャレの為につけたものがすぐにダメになってしまい見栄えが悪くなったら仕方がないので、やはりいいものを選んでおくと結果的に長持ちして得だと思います。
 

 
 
ちなみにカラーが落ちてきた場合、装着後1ヶ月くらい経った頃でも、エクステをつけたまま染め直し可能とのこと。

地毛とエクステの色の差が出る可能性があるため、美容院でカラーリングするのがベストだそうです。

私はお店に行く時間がなかったので、自分で染め直してしまったのですが、地毛との差が出ることもなく綺麗に色が入りました。

 

また、このお店のエクステはどのくらいもつのか?と聞いてみたところ、1ヶ月半くらいで新しいエクステに取り替えるのがオススメだそうです。

私は次につけ替えるまで2ヶ月半くらいつけっ放しで、そのくらい経つとさすがにシールが劣化して数本取れてしまいましたが、他は特に問題ありませんでした。

お手入れ方法によっては、6ヶ月維持できた例もあったとおっしゃっていました。

 

こちらの美容院は他にも店舗がたくさんあり、2度目のエクステは『ANKH CROSS RAFT(アンク・クロス ラフト)新宿南口店』でつけ直してもらいましたが、こちらでもとても自然な感じに上手に仕上げていただきました!

エクステ、気に入ったのでしばらく続けてみようと思います♪


ホットペッパービューティー

-ビューティー

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5