トラベル

悲劇からの復興、グラウンドゼロのワン・ワールド・トレードセンターを訪れる

 

NY旅行、2日目。

今日はまず、同時多発テロ事件で崩壊したワールド・トレードセンターの跡地に建てられた、ワン・ワールド・トレードセンター(One World Trade Center)の展望台へ。

チケットは当日券に空きがなければ購入できないとガイドブックに書いてあったため、事前に日本でネット購入。

しかし私たちが入ったのは平日の朝早い時間帯だったため、全く混雑しておらず、これなら当日券でも良かったのかもしれないと思いました。
 

 
 
入り口で厳しいセキュリティチェックを受けたあと、超高速エレベーターで102階にある展望台へ。

エレベーター内の壁には最新テクノロジーの技術を駆使し、実際のワン・ワールド・トレードセンターの周りの風景が見えているかのような映像が流れています。

 

エレベーターの壁には外の本物の景色が映像で流れていて、上っていく雰囲気が演出されています

 

47秒で102階に到着!最初にシアターに通され、ニューヨークがテーマの数分間の映像鑑賞。その後、スクリーンの壁が上がると、目の前にニューヨークの絶景が広がります。

その演出には観光客全員から歓声が上がりました。

 

スクリーンが上がると絶景が!

 

 

展望台のカフェでベーグルなどの朝食をとりました

 

私たちは見ませんでしたが、1時間に数回、スタッフがこの10枚のパネルを使ってニューヨークの歴史やエリアの紹介をしてくれるサービスがあるそうです。

 

2001年9月11日、3000人以上の犠牲者を出す「アメリカ同時多発テロ事件」が起きたその悲劇の日、私はハワイのオアフ島に滞在していました。

当時、私はまだ独身で、実家の家族とたまたま旅行中の出来事でした。

朝起きてニュース番組をつけると、信じられない映像が目に飛び込んできました。テレビに映し出されていたのは、2機の飛行機がニューヨークのツインタワーに突っ込んでいく、あのショッキングなシーン。

初めは何が起きたのかわからず、映画か何かのワンシーンかと思いましたが、何度も繰り返し流れる映像とニュースキャスターの緊迫した様子から、実際に起こったことなのだと知りました。

 

私たちはその日、ハワイ島に移動する予定でしたが、空港閉鎖のため飛行機が飛ばず、その旅行中は結局、オアフ島にずっと滞在することになりました。

ホテルの窓から外を見ると、道には戦車が出動し、銃を携え軍服を着た軍人も歩いていて、ハワイにいても、その物々しい様子から、ただ事ではないという雰囲気を感じとりました。

日本へ帰る予定日には空港も通常通り再開され、無事帰国することができましたが…

ハワイとはいえ同じアメリカに偶然滞在中に起こった悲劇の事件の、あの映像を初めて見た衝撃は、今でも忘れることができません。

 

ワン・ワールド・トレードセンターをバックに

 

ここであの悲惨な事件が起きたのだと思うと、胸が締め付けられる思いでした。

と同時に、平和と復興へかける強い思いを象徴するこの場所では、決してテロに屈しないアメリカの力強さを感じました。

-トラベル

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5