BTS 日々のこと

私はこうしてBTSにハマった

5月のある日、娘が、私、BTS好きになっちゃったかも、と突然言い出しました。

娘は自分のインスタやTik Tokでも公表していて、そのときはふーん、そうなんだ、くらいに思っていたのですが…

ママもちょっとBTSのMVみてごらんよ、と勧められたのでじゃあみてみるか、と初めて目にしたのが「 FIRE」でした。

韓国といったら(ちょっと古いですが)「冬のソナタ」のヨン様の好青年イメージがあり、BTSももっと正統派なタイプの曲ばかりなのだと勝手に想像していたので、え、BTSってこういう感じ?とちょっと衝撃を受けました。
 

 
 
実際は、いろいろなタイプの曲を出しているということが後でわかったのですが、ちょいワルなイメージは全く想像していなかったので、意外でした。

 

「FIRE」で特に印象に残ったのが、グリーンの髪の人(リーダーのナムさん)がすごいインパクトで、ちょっとこの人ただ者じゃなさそう、ということ。

燃え盛る車の前でソロで歌っている、ピンク色のシャツを着た人(ジン)はきっと、このグループの中ではビジュアル担当なんだろうな、ということ。

そしてコンサート会場の場面で観客の中に飛び込んで一瞬振り向いた人(テテ)の顔が綺麗だな、と思ったこと。

いずれも第一印象で感じたことは当たっていたのですが、このとき私がこれほどまでにBTSにハマっていくということは自分自身も予想していませんでした。

ナムさんインパクト半端ない

 

その日以降、娘が学校に行っている間にちょっと他の曲も聴いてみようかな、といろいろなMVをみているうちに、なんかいいかも…と思い始め、BTSの世界に引き込まれていってしまうのは時間の問題でした。

 

BTSの魅力といえば、まずMVの構成、曲、歌、ダンス、全てのクオリティーが高いこと。

曲によってイメージが全く違い、そうくるか!と毎回毎回、驚かされます。次はどうくるか、という楽しみがあって私たちを全く飽きさせません。

 

それに、メンバーたちの年齢もちょうどよく、絶妙なところもいいですね。

若すぎず、ちょうどいい頃合いというか…あとちょっとで完全に大人になってしまう一歩手前というところが最高です。

これがもし10代だったらこんなに夢中にならなかったと思います。

 

そして何より、メンバーたちの仲がいいことも大きな魅力の一つ。見ていて本当に楽しそうだし、メンバー同士が団結しているから、安心して応援できる感じです。

 

彼らの魅力はもちろんのこと、MVのクオリティー、曲、歌、ダンス、どれをとっても最高、メンバーたちの仲もいい、年齢的にも絶妙、と何拍子も揃った、奇跡みたいなグループ、BTS。

まだまだ魅力を挙げればきりがないのですが、これからちょっとずつ綴っていこうと思います。
 

-BTS, 日々のこと

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5