トラベル

【NY旅行記再び】セントラルパークでサイクリング♪でも公園が広過ぎてダウン寸前…

しばらく中断していたNY旅行記、再度始めたいと思います!

 

NY旅行3日目の最終日。

今朝は早めの時間に朝食を食べずにホテルを出て、まずはセントラルパークへ。

今日は最初に自転車をレンタルし、公園内をサイクリングする予定。
 

 
 
レンタサイクル屋さんがあるとガイドブックに書いてあったので、探してみると公園の入り口にすぐに見つかりました!

とにかく広いセントラルパーク、娘は一人で漕ぐのは体力的にしんどいかも、と旦那と2人乗り自転車をレンタル。

私は一人乗りの普通の自転車を。

 

 

朝のまだ人けの少ない公園の中、サイクリングスタート!

最初、公園内の木立の中を自転車に乗って気持ちよく走っていたのですが、よく見ると私たちの他に、自転車に乗っている人が全然いない…。何でうちらだけしかいないの?

歩いて散歩している人はたくさんいるんだけど…

これはもしや、と思っているところへ、散歩している老夫婦の奧様に「ここは自転車は入れないのよ、自転車レーンを走らないとダメよ」と注意されてしまいました。

そうとは知らずに公園内の歩行者道を堂々と走っていたのですが、ここセントラルパークでは整備されている自転車レーンを走行しなければいけないのでした。

どうりで自転車が走っていないと思いました…ごめんなさい。

 

自転車レーンに移動し、サイクリングを続けます。

それにしても、セントラルパークは本当に広い!!!

ときどき地図で確認しても、まだこんなところなんだ、というくらい広くて、走っても走ってもどこまでも続きます。

 

今日やろうと決めていた2つ目の予定、それはセントラルパークの屋台で朝食を食べること!

よく海外ドラマや洋画で、公園の屋台でホットドッグを食べるシーンがありますよね。あれをやってみたかったのです。

日本で事前に、セントラルパークのこの辺にこの屋台がある、という地図まで調べてきたのですが…

なぜか屋台が全然見つからない…今日も予定がてんこ盛りなので、張り切って朝早くから行動しているのですが、ちょっと時間的に早過ぎたのかな。屋台もまだ出ていない時間帯みたい。

 

自転車でだいぶ走り、お腹もペコペコ。もうこれ以上走れない…と思っていたところへ、ついに屋台を発見!

開店したばかりで、屋台の一部にまだカバーがかかった状態。他のお客さんも続々と集まってきました。

 

屋台のおじさん、朝早くから開店してくれてありがとう!

やっと朝食にありつけました

 

娘の大好きなプレッツェルも♪

 

冬のNYの、朝の冷たい空気の中、自転車で風を切って走り、お腹も空いて冷え切ったその体に、ホカホカのホットドッグ。今考えると至ってシンプルな普通のホットドッグでしたが…そのおいしいことと言ったら、人生で食べたホットドッグの中でナンバーワンでした。

 

さて、お腹も満たされたところで…再び自転車に乗り、園内に点在する主要スポットを巡ります。広すぎて、予定の時間内ではとても全てを回ることはできませんが、ピンポイントで数カ所、行ってみました。

 

レイクの向こうに見えるのはアップタウンの高級アパート

 

羽を広げた水の天使、ベセスダの像が立つ噴水

 

噴水の周囲は石畳の広場になっています。映画のロケによく使われるスポットなのだそうです。

 

アンデルセン像

 

「不思議の国のアリス」のキャラクターが集合するブロンズ像

 

ちょっと歩いて散歩もしてみました

 

 

冬枯れの木々が、寒々しい雰囲気です

 

ジョン・レノンが暗殺されたダコタ・アパートの向かいにある広場「ストロベリーフィールズ」。中央にある「イマジンの碑」には、彼を偲び今でも多くのファンが足を運びます。

 

ああ、それにしてもいいかげん疲れたなあ。

旦那と娘は颯爽と自転車を漕いで、どんどん先に行ってしまうし、広すぎる公園はどこまでも続くし…

自転車を漕ぎながら、私は何だかだんだん具合が悪くなってきました。旅の後半の疲れもあるのかもしれません。

今日はこれからたくさん予定があるから体力を温存しておかなければいけないのに、ここでこんなに疲れてダウンしてしまうわけにはいきません。

 

ダウン寸前の私に気づかず、ずいぶん先に行ってしまった旦那と娘に声を振り絞り叫ぶ。「ちょっと待って!もうそろそろ公園を回るのはやめて、自転車を返さない?!」

私の声に気付いた旦那は、自転車を止めて、大丈夫?と言っている。

うん…まあ何とか…でもこれ以上走ったらもう、ダメかも…

 

というわけで、体力も限界でもうこれ以上走れそうもありませんでしたが、自転車をレンタルした公園の入り口まで何とか戻り、自転車を返却。次の予定へ向かいます。

-トラベル

© 2022 のりりん ☆ だいあり Powered by AFFINGER5